意外なモノでヘッドライトはピカピカになったぞ!

メンテの本を読んでいると、何やら気になる内容があったので早速実行してみました。その内容は、金属磨きで有名な『ピカール』を使ってヘッドライトがキレイになるというもの。

バイクは頻繁にメンテしているためキレイにする必要が無いので(爆)、今回は車で試してみました。

用意した車のスペック

実験の為に用意したのは、平成19年式のライフ(Honda・総走行距離:約78,000km)です。

遠目では汚れていないように見えますが、近くでみると…(もちろんオーナーの許可は取ってます。)

ヘッドライトの黄ばみがヒドイです。アクリルが変色しているだけでなく、表面の滑らかさが消失してザラついてます。

反対側はこんな感じです。

左側と比べて多少マシですが、ライトレンズ全体は紫外線などの影響で変色してます。

ピカールで磨かれたライトの行方

早速ピカールで磨くと拭いた布に結構黄色になりました。擦るほど表面の変色がどんどん落ちていきます。同じ場所を、ピカールで数回ずつ磨きあげました。

違いが分かるように、左側ヘッドライトレンズの半分のみ拭いてみました。右側は何もしていない状態です。

差としてうっすら境界のようなラインが見えます。実際見た目は、拭いていない右側との違いがはっきりしてます。

残り半分もきっちり磨いて片側のレンズが完成です。汚れが目立った左側のレンズはこの通り復活しました!

さらにアップしてみても、明らかに表面のざらつきが減りました。

磨く前との差は歴然です。イイ感じじゃないか、ピカール!
反対側も続けて作業しました。

想像以上にキレイになりました。車がピカピカになって、子供も笑顔でバンバン叩いてますwww

ヘッドライトの汚れが気になったら、是非ピカールを使ってみて下さい!!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク