新型!? CB400が2014年マイナーチェンジだと〜!?

ぶらりと図書館で雑誌を見ていたら…
なんと、東京モーターショーにて2014年CBシリーズのマイナーチェンジが発表されてました。販売開始予定は2014年の春頃です。

車体の主な変更はざっとこんな感じです。

順番に各部の変更点をみていきます。

メーター

メーターは新しく中央にディスプレイパネルが搭載され、インフォメーションが充実したものになりました。燃費計、ギアポジションインジケーター、外気温度といった機能を備えてます。従来のメーター内の液晶表示から中央へと新設された液晶パネルに集約して表示されます。

ホイール

スポークを交差させたデザインが凝ったホイールyに変更されました。従来モデルの3本スポークに対して、スポーク数が増えたことでリム剛性の均一化され、乗り心地の向上が期待できます。CB1300と共通のホイール、メーターを採用しています。

って、なんじゃこりゃ〜!!!

以前からCB1300のメーターの方がかっこいいと思っていたら、今さら、統一化するなんて…いつかメーター壊れたら、これに換えようかなぁ。

気を取り直して次は…

テールカウル・クラブバー・シートetc

新デザインのシートカウルになり、クラブバーも左右分割式になりました。見た目からもシート表皮もザラつき感が強くなり、乗ったときのホールド感が良くなりそうです!

カウルデザインは『テールカウルを乗車時に蹴ってしまう』というユーザーの声に応じて、後端のハネアゲを少しだけ抑えてます。リア全体の印象は、テールランプはクリアレンズになり、クラブバーの左右分割式と合わせてコンパクトになっています。

個人的には左右分割式クラブバーの変更は反対です。
左右分割式のクラブバーは、Ninjaとか既にあるバイクの印象が強すぎてCBには従来のネイキッドらしいスタイルの方が性格的に合っていると思います。

その他変更点

ハンドルポジションについてグリップ位置が若干上がっているようです。
CB1300SBには国産車初のLEDベッドライトが採用されています。

ホンダHP上ではCB400SBにも搭載されているようにみえますが…
これで、あとはホンダHPで正式発表が出るのを待つのみw

シェアする

フォローする

スポンサーリンク