CB400SB ヘッドライトの交換方法! 車検の前にLED→ハロゲンH4へ戻す

もうすぐCB400SBは2回目の車検がやってきます。車検前に1つ作業をしなければいけないことがあります。

スフィアLEDヘッドライトの問題です。

CB400SBへ以前スフィアライトのLEDを取り付けましたが、上手くカットラインが出ませんでした。Loビームの配光は良いけど、Highビームは使い物になりません。このまま車検を受けても通らないので早速作業を開始します。(LED取り付けはこの逆手順です。)

ヘッドライトバルブはカウルを外さずに交換可能

通常、ライトを交換するときはカウルを外した方が安全ですが、自分で交換するときは今まで外していません。ハンドルを左右に切るとハンドル-カウル間にスペースができます。このスペースを活かして作業を進めていきます。

バルブ部のカプラを外す

まずはハンドルは右側へ全開に切ります。バンドル左側から、ヘッドライトユニットと車体側のカプラを外します。
固い場合はマイナスドライバを隙間に差し込むと簡単に外れます。

カプラからバルブ外れたら、次はハンドルを左にきって、ハンドル右側からLEDコントローラーを外します。CB400SBは右ハンドル側から見てこの位置に固定してました。

LEDバルブ本体とケーブル類を分かれるはずなのでケーブルは邪魔にならないよう置きます。

ゴムブーツを外す

次にゴムブーツを外します。ゴムブーツを外すとLEDバルブ本体とシェードが目視できます。
バルブは金属ピンで固定されているので、金属ピンを押し下げて手前に引きます。

古いバルブを引き抜く

スフィアライトの場合、ライト本体にシェードが付属しているのでシェードごと取り除きます。
※ガツガツやるとリフレクターを傷つけるので慎重に作業して下さい。(前回メーカーにクレームを入れたとき自分でやって傷つけましたwww)

新しいバルブをセットする

最後に交換をするノーマルH4バルブを入れて金属ピンで固定します。あとはゴムブーツセット⇒バルブにカプラをつけるという順で終了です。

カプラと接続するときは、コネクタの向きに注意して下さい。(画像の向きのままではダメです。正しい向きは『コ』字型です。)

交換完了後、点灯確認をして作業完了です。これでようやく安心して車検へ行けます。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク