満開の桜と駆け抜ける! 五条川と木曽川堤ツーリング

3月下旬から4月にかけて春らしい陽気に包まれ走るには絶好なシーズンです。愛知県で桜を見ながら走れそうなルートを実際に走ってきました。

桜を満喫できるツーリングコース

五条川と木曽川堤の位置はそれほど遠くないので、半日くらいで十分に桜を楽しみながら走れれます。

桜の開花情報は公式HPから参考にすると日程調整しやすいす。

輝く水と緑、元気な暮らし広がる自治のまち、大口町の公式ホームページです。

運転中はわき見で事故しないように気をつけてください。

日本屈指の桜並木が約15km続く五条川

さくらの名所100選で知られる名所の五条川です。五条川は複数市にまたがって流れていますが桜で有名なのは岩倉市と大口町です。川に沿って延々と桜並木が続き、歩道と車道がそれぞれ川を挟むようにあり景色を楽しみながら走れます。

ツーリングコースとしておすすめは大口町エリア(堀尾跡公園からアピタ大口店までの区間)です。緩めのカーブがあり、車の交通もそれほど多くないため走りやすい印象でした。途中にある橋でぶらりと停車することもできます。

道幅は広くはないもののバイクなら問題無く停車できました。景色を楽しむために一息つく、ぶらりと散策できるはツーリングの魅力です。

間近で迫力のある裁断橋

堀尾跡公園にある裁断橋はバイクに乗ったまま目の前まで行くことができました。熱田の精進川にあった橋を復元したもののようですが桜と一緒だと壮観です。

停車すれば公園内を歩きまわることもできますが、降りなくても十分に満足できましたw 風にまって流れる桜がキレイで写真を撮影している人もいました。午前に走ると車道に降り注ぐ木漏れ日がとっても気持ち良いです。

かなり気持ちよく走ることができるので五条川を数本も走ってしまいました。その後、一宮にある木曽川堤へ移動しました。

江南市の県道176号に菜花がきれいに咲いていました。花の観賞が決して趣味というものでは無いけど、五感で四季を楽しむのは心の底からリフレッシュできます。

木曽川堤と138タワー

木曽川に沿って走ると、所々に桜がありました。川の地形に沿った道で走行コースとして飽きないけど、桜を見るとなると五条川の方が楽しいです。

138タワーパーク付近は少し散り始めていました。近くにある県道182号も直線道路の両側に桜が並ぶようにありましたが散り始めだと路面の桜に神経を集中させてしまいます。

帰路に向かう途中にあった勝宝寺の桜があまりに立派だったので、思わず停車してみました。半日通して桜三昧のツーリングでした。走行距離は名古屋から往復80km弱と少し短めでしたが気軽にいけたので毎年のイベントとして良さそうです。

普段ツーリングで行くなら走りを楽しめるワインディングロードと決めてましたが、四季を直接感じる景色を楽しむ「ぶらりツーリングの面白み」を感じることのできた1日でした。

愛知、岐阜、三重の3県にまたがる日本一広い国営公園。三派川地区・中央水郷地区・河口地区の3地区からなり、全部で13拠点が開園しています。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク