PCX コスパについて本気で考える

子供を保育園に通わせるようになって、通勤に使用できなくなったPCX。
最近は週に2~3日しか乗れていません。車があるのにバイク2台持ちは果たして、無駄遣いなのか…

嫁から
「PCXはいらないんじゃない?今のうちに売ってしまえば」
とツボを突かれた一言w

PCXを維持していくための口実を、本気で考えてみました。

必要コストを計算する前に、現在の車種別の年間走行距離の内訳はざっと洗い出すと…

車種年間走行距離使用用途
ワゴンR4,500kmレジャー ・ 雨天時通勤
CB400SB2,000kmツーリング
PCX3,300km通勤 ・ プチ外出

はい、どうみても3台所有することを諦め、1台にまとめるのが一番賢い選択だけど、なんとしてもPCXを手放さないよう説得するように順番に整理してみます。

年間の保険料

必ず払うもの(自賠責+税金)

125ccというかバイクに乗るならば必ず発生してくる費用といえば、『自賠責保険と軽自動車税』。原二のPCXでは、私は新車時に自賠責5年加入(17,330円/5年=3,466円/年)に加入しました。コレと軽自動車税1,600円/年(91~125cc)を足して5,066円/年。

任意保険

任意保険であるファミリーバイク特約が、私の条件をそのまま晒すと人身付(3,000万)で11,760円/年。ちなみに、人身を外せば5,000円くらいまで下がります。

保険+税金で合計15,226円/年

消耗品などの部品代

PCXの主な消耗品を挙げてみました。作業が簡単なオイル交換、エアーエレメントは部品代のみで、それ以外は部品+工賃として計算してます。

工賃料の参考はオートバイ一般修理整備工賃表 にりんかんNapsを参考にしました。

部品交換時期金額
オイル交換3,000km800円
ブレーキフルード1回/2年約3,000円
ブレーキパッド10,000km
~15,000km
約5,000円
ブレーキシュー20,000km 目安 点検約4,000円
プラグ10,000km
~20,000km
約1,000円
エアーエレメント年1回 点検約2,000円
ドライブベルト ・ ウェイトプーリー20,000km毎約10,000円+α

タイヤは7,000km時点でまだ交換せずにいけそうなので、表に含めていません。
参考までに、タイヤ前後 20,000km:約15,000円

年間走行が3,300kmの場合、消耗品の費用は実質年間10,000円を下回る計算に。

PCX 1年間の維持費

PCXに乗ることで掛かる毎年の経費は年間で約25,000円となります。

車との複数台の場合、単にコストが増えるように見えるが、きちんと燃料代の差額を計算してみた。

  • 軽自動車(ワゴンR)
  • 平均燃費:約15km
    渋滞を考慮すれば燃費は約12km/l

  • PCX(約2年のデータ)
    平均燃費:約40km/l

年間3,000kmをガソリン130円/lとしてそれぞれ走行した場合は差額約20,000円。

これだとPCX無しの方が5,000円安くなりそうだけど、車のオイル交換(3,000円~4,000円)が年1回で済むことを考えるとPCXに乗っていても乗らなくてもそれほど支出は変わりません。むしろ車の買い替えサイクルを延命させると考えれば、バイクを買うことをメリットに変えれます!というわけで、PCXを売却する危機は、車と両方維持しても変わらないってことで嫁を説得して回避してみようと思います。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク