洗車後に行っておきたい3つの簡単メンテをやってみた!

CBに乗ってどこかに行こうとしたら、まさかのバッテリー上がりw せっかくの休日にバイクへ乗れません~(爆) ツーリングシーズン前にCBをリフレッシュさせる基本整備をしました。

バイクメンテの基本は洗車と言われますが、洗車だけではバイクは錆びてしまい見た目も悲しいことに。

適切なメンテを定期的に行うことで、良いコンディションをキープできます!
難しい作業だとやる気をなくしてしましますが、意外と必要なケミカルはごくわずか。

可動部への注油

  • 用意するもの
  • シリコンスプレー、ウエス

青空駐輪なら最低月1回は可動部のメンテは行いたいものです。薄くスプレーすることで防錆効果や汚れが落としやすくなります。シリコンスプレーを1本のみで、たくさんのパーツを磨くことができます。常にストックさせておきたい必需品です!

  • シフトペダルやブレーキペダル、ステップ等の金属部

ほかにもスタンドスプリング、サスペンションへ薄く塗っておきました!

  • フロントフォーク


シリコンスプレーはゴムの劣化予防にも使用できます。ゴムは乾燥してくるとひび割れてきてしまいます。

こういうのをサボって放置すればすぐオイル漏れに…

エンジン周り、マフラー、ホイールの清掃

  • 用意するもの
  • シリコンスプレー、ブレークリーン、ウエス

エンジンカバーやマフラーにもシリコンスプレーは使えます。
シリコンスプレーの守備範囲おそるべし!

耐熱温度が高いためステンレス製のマフラーにもOKです。CB純正のステンレスマフラーにはこれをやっておくとピカピカになります。エンジンカバーの汚れを洗い落としやすいように、シリコンスプレーを薄くスプレーして拭きました。

カスタムでCBのマフラーはチタンに換装しているためシリコンスプレーではなく、ブレークリーンで磨きました。

チェーン、スプロケット

  • 用意するもの
  • チェーンクリーナー、チェーン用のオイル、古い歯ブラシ

汚れていたらメンテするくらいの感覚しかない、というか点検時にRBでピカピカにしてもらえるため私はあまりやっていません。洗車と合わせてやっておくのがベストだけど意外とサボってしまいます

古い歯ブラシを使って行います。毛先もやれているためチェーンのシールを痛めにくくオススメです。チェーンに注油した直後に走行するとオイルが飛び散ってしまいます。時間に余裕があるときにやりましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【在庫あり】DID ダイドー チェーンルブ チェーンルーブ
価格:2081円(税込、送料別) (2017/4/3時点)

番外:フロントスクリーン

  • 用意するもの
  • 透明樹脂クリーナー

ガラスコーティングをしていたため今まであまり触らなかった場所ですが、飛び石などの小傷が気になり思い切って着手しました。

デイトナの透明樹脂クリーナーを塗ったマイクロファイバークロスで磨いていきます。

拭く前と拭きあげ後の状態です。傷が分かりにくいのでだいぶ寄せて撮影しました。拭き上げ完了してまるで新車のような透明感が復活しました。

ヘルメットのシールドにもよく使っていましたが、コイツはなかなかの効果です。

めんどくさいとサボってしまうことも多々ありますが、バッテリー切れで乗れない状況だったためたまにはメンテをしておきました。
これで3月からガンガン乗れます!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. RS より:

    俺も最近全く乗ってないから、バッテリー上がってしまった。。。
    そろそろ整備しないとねー

  2. TJ より:

    春みたいに暖かくなってきて、いざ動かそうとしてら…
    こういう展開はバイクあるあるだねw