使えるメタルクリーナーをまとめてみた

バイク用品店に通いまくり、コレがいいのかアレがいいのかクリーナーを、いろいろ買ってみました(店の養分ですね…)w
今回は、その中でも使えるメタルクリーナーを紹介しようと思います。

メタルクリーナーは大きく2つに使い分ける。

1つは全体的に拭ける汎用として、もう1つはエキパイのクリーナーとして使っています。

汎用クリーナー

汎用クリーナーとして私が選んだのは…フリッツメタルポリッシュです。

ステンレスマフラーの焼け取り、塗装面、プラスチック等を保護するコーティングがコレ1本できます。コンパウンドがないので安心して磨けます!

以前バイク乗りの知人のオススメで、花咲Gを買ったんですが、花咲Gはメッキ部分の水アカやサビはほとんど取れませんでした。正直、花咲Gは軽度の汚れ用です。(花咲Gは研磨剤入りなので磨き過ぎ注意です。)

メタルポリッシュは、ゴシゴシ錆を除去してくれます!特にアルミのくすみ、ハンドルやキャップ等メッキパーツが有効です!CBの場合、アルミのステップ、タンデムバー、ハンドルやフロントフォークの点錆びへ主に用いており、かなり重宝してます。

マフラー用クリーナー

続いてマフラー磨くために愛用しているのがピカールです。

ピカールは素材を選ばずオールマイティに使えるところが魅力です。


ホームセンターで買うのがお得ですw
ただ、チタンサイレンサーの焼け色部分をメンテする場合、注意が必要です!以前CBの傷付いたチタンマフラーで試したところ、普通に焼け色がとれてしました。ピカールは焼き色の無いチタンやステンレスなど金属の傷にも使用できます。

ステンレスの焼き付きはピカールかメタルポリッシュで事足りますが、専用品であるヨシムラの「ステンマジック」もオススメです!

ステンマジックは名前からも分かりますが、マフラー材質がステンレスに限定されます。

メタルポリッシュみたいにサクサク落ちずに、根気よく磨く必要がありますが、ある程度の焼け色錆びは落ちてくれます。純正マフラーやステン製スリップマフラーを付けた人には、専用品としておすすめです。

クリーナーできれいにした後は…

フロントフォークとか、サスなど可動部分に錆び止めとしてシリコンスプレーを吹きます。

KURE55-6はすぐ液だれするので使えません…
※マフラーには油分は一切塗ってはいけません!!!

マフラーにはKUREのブレークリーンを使用して脱脂しています。

ざっくりと書きましたが、私の買ってきた中で今でも使用し続けているのはこんな感じです。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク