EN125 中華バイクも意外とタフに走る=33 祝50,000km越え

一度バイク盗難にあってしまった、かつての愛車『スズキ EN125』。
EN125が行方不明の間、私はCB400SBに乗り換えました。しかし、CB400の契約後にENは無事発見されて、父親へENを譲渡してました。

大きなトラブルなく50,000km突破

父はEN125を主に通勤や実家への帰省で使っていましたが、先日ついに50,000kmを突破しました (* ̄∇ ̄)/゚・:*

35,000km付近で、メーターケーブルが断線するというアクシデントがあったので、実走行はもう少し延びてます。

オイル交換は、3,000km毎にやってます。ブレーキフルードは汚れてるけど、まだまだ交換していない…orz

まだまだ、エンジンはすこぶる快調です。外装は潮風の影響なのか、錆が目立つ部分もあるけど塗装面は結構綺麗です。パクられたときにイタズラされたマフラーの穴の補修もしっかり効果があるようです。

久々にEN125で走ってみました。シングル特有なエンジンの鼓動が心地いいです。ブレーキをかけるとタイヤに違和感が!!!

ここまでスリックだと、逆にどこまでイケるか気になります。フロントタイヤは、まだ一度も交換してません。さすがグリップしない中国製エコタイヤw

公道最速を目指すようなバイクでないので、そんなにグリップしなくてこの純正タイヤがコスパも丁度いいと、オーナー(父)は呟いてます。

某オクで落札して、R君と協力して取り付けたサスもいつのまにか年代ものに。

納車から5,000kmの時に見た目カスタムでサス交換したけど乗り心地は変わらずいいです。バネ周りの錆が凄いですが…

次は目指せ100,000km!!どこまで快調に走るのか、楽しみです。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク