今まで乗ったきたバイクその1 Today


私が初めて買った原付バイクがToday(初期モデル)です。当時、友人の原付が非常にうらやましく思い、学生だった私は親を説得して買ってもらいました。それまで自分の足は自転車だったので、Todayはどこへでも行ける『無敵の相棒』でした。

HONDA Today

Todayは、2002年に「気軽に乗れる」、「手軽に買る」、「親しみやすい」をコンセプトに開発されました。ホンダのスクーターは頑丈だという印象を強く残してくれた1台です。

Todayの使用記録

  • 平均燃費:35~40弱km/l
  • 走行距離:20,000km
  • 所有期間:約9年半

大学時代も通学用としてTodayに乗り、社会人になってもPCXに乗り換えるまで通勤用に走っていました。ノートラブルで所有している間は快調に走り続けてくれました。

日常の下駄として優秀過ぎるコスパ

コストパフォーマンスを追求すればカブが候補になりますが、Todayのコスパもなかなか良かったと思います。Todayの走行コストについて、比較対象車をワゴンR(MH-21S)として、積算走行距離20,000km、ガソリン単価150円で計算すると…

単純にワゴンRと燃費から生じる燃料代の差額は、20,000kmあたりで11万円も生じます。1人で移動する場合、燃料代だけでかなり節約できてしまいます。

エコブームで燃費の良い車も多くなっていますが、車の燃費を20km/lとしても6万以上の差があります。ガソリン価格は最近も上がっているので、Todayのようなエコバイクは重宝できます。
父親もバイク乗りであった為、原付の特権『ファミリーバイク特約』により任意保険は計算に入れていませんw

Todayの乗り出し価格は10万円強なので、実質維持費のみで走ったことになります!
街中を軽くどこかへ出かけるときは、やはりスクーター最強です。

約9年の使用をしてまだまだエンジンは元気だが…

約9年半と今までで1番長く乗っていましたが、メンテはオイル交換、他消耗品(電球、タイヤ等)交換だけで、ノートラブルとかなりタフでした。(しかもエアクリーナーは交換していませんw)初期モデルであったからか、リコールもしばしばあり、塗装剥がれもバッチリありましたw

ちょうど20,000kmを超えウェイトローラー、ドライブベルト等の駆動系消耗品が交換時期になり、維持するかメンテをするか悩んだ末PCXへ乗り換えました。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク