CB400SB 車検半年後の点検ついでに、新型CBを偵察に=33

初回車検をホンダDで受けたときにメンテナンスパックというものに加入しました。メンテナンスパックとは、車検を受けるときに加入するオプションで車検時を1回目として次回の車検まで最大4回分の整備点検をセットとした整備の料金パックです。

車検から半年が経ち、そろそろ点検の時期に。そこでHONDAのHPで発表された新型CB400の偵察を兼ねて点検へ行ってきました。約半年で1000kmしか走らなかったけど、点検整備の内容はおまかせという状況ですw

作業を待つ間、新型CB400シリーズと対面

点検を待っている間に、新型CBと対面してきました。全体的な印象はモーターショーでの発表とほぼ似ています。
変更点をフロントから順にみてきます。

LEDヘッドライト

モーターショーではCB1300SBに搭載されていたことは確認できましたが、CB400SBにもバッチリついています。

旧型と比較すると、カウル自体はダウンサイズされているように感じます。(SUPER FOURはハロゲンです!)

ホイールのスポーク数を10本に

10本に増やしたことで剛性が均一になったそうです!

見た感じ違和感が全然ありません。

メーター、ハンドル周り

メーターのデザインがカッコよくなっており羨ましいです。

ハンドルスイッチの配置も微妙に変わりました。小物入れのカバーは車体色に関係なく、艶消しのブラックになっています。

ミラーの形状

気づきにくいですが丸みが無くなりエッジが効いたデザインに変更されました。

CBRと雰囲気が似ていてスポーティな感じです。

シートの表皮パターン、左右分割タイプのクラブレール

シート表面を触ると、SSのレプリカ程ではないけど結構硬めです。

シートを見ていたらさらに大きな変更点を発見!

ヘルメット用のフックが無い?
よくみると鍵穴がこんなところに…。シート下にある、フックらしき部分にメットをかけれるのか確認をする必要があります!!

テールカウルetc

テールカウルからライト周りのデザインが違います。

リフレクターの位置の変更もちゃっかりしてます。鍵穴のことだけみるとフェンレスはできないかもですね。

まとめ

今回は、点検もスパッと終わったので新型偵察のみで終了です。エンジンの型式は変更無しだったので、試乗は微妙かなと判断して見送りました。

新型の目玉はLEDヘッドライトです。後付けでなく専用リフレクターなので車検で配光の心配をする手間が省けます。今後はLEDヘッドライトが純正で多くなりそうです。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. ariさん より:

    こんばんは、初めまして。
    ブログの方を読ませていただきました。ボルドール愛がとても凄い感じがブログからも伝わってきます。
    自分はariと言います。実は今日、新車cb400sbのブルーメタリックを納車で引き取りしました。ドリーム店での購入です。まだ初心者でもあり、TJさんの足元にも及びませんが自分なりにバイクライフを楽しめたらと思います。自分は愛知県周辺です。まずは自分自身とバイクを無事に慣らしが終えるようにしたいと思います。長い文面ですみません。それでは失礼します。

    • TJ より:

      >ariさん
      こんばんは、コメントありがとうございます。ボルドール愛が伝わって何よりです(笑)

      そして、CB400SBの納車おめでとうございます!私はCBをドリームで購入していないのですが(すでに限定モデルの在庫が売り切れ…)、整備はPCXとともにお世話になっています。
      愛知県周辺ならば、どこかでお会いすることがあるかもしれませんね。バイク好きに優劣など無いと思いますので、今後もぜひ気軽にコメントいただけたらと思います。

      無事に慣らしを終えることをお祈りしています!素敵なバイクライフを満喫してください。