CB400SB 納車~初回車検までのインプレッション

2010年限定のCB400SBを新車購入してから約2年半。
4,500km走ってみてのインプレです。

ちなみに燃費は

  • 街乗り:20km/l前後
  • ツーリング:23~24km/l

CB400SBの良かった点

  • すでに完成されたバイクである

最大の欠点でもあり、最大の長所です。一言でいうなれば、クセが無いです。初めてバイク買う人にも自信をもってオススメできます!!「リニアな加速性能」、「振動の静かさ」と言い
ホンダのロングセラーはもう熟成されています。

  • エンジン型式である水冷4ストローク
  • DOHC4バルブ直列4気筒

これは賛否両論ですが、信号の多い街中を走る人には空冷よりかは水冷の方がbetterかと。排気量が大きくなるとエンジンの発熱がライダーに襲いかかります。プラセボでも冷却効率は空冷より水冷でしょ!!!

よく「CB=教習車」のイメージが強いですが、市販車と教習車は全く別物です!教習車は常時2バルブですが、市販車はギア、回転数、アクセル開度によりバルブが2バルブから4バルブに切り替わります。直4の加速、音はかなりテンション上がります。

  • ハーフカウルの風防、小物入れがGOOD

カウル付きを一回乗ったらもうネイキッドへは戻れないw高速でもハーフカウルの効果はバツグンです。逆にカウル無しを想像すると一体どれだけ風の影響が…

小物いれがかなり優秀です。財布やケータイ等、私はカバンを持たないのでこの収納を使用することでわざわざシート下にしまう必要がないです。

CB400SBの不満点

  • 自身初の400cc→意外とタンクが熱い

ガソリン満タンなら問題ないけど、真夏の街中ではエンジンからの熱でタンクがお風呂みたいに熱くなります!体感40度のお湯を太ももで挟んでるみたいです…

  • パッセンジャーのお尻が痛いらしい

EN125はかなりクッションが柔らかい。私自身ライダーの座る位置では余り違いはありませんが、後部座席は前に滑りやすく疲れるみたいです。かといって、ゲルざぶはさすがにつけたくない…

  • 水冷+純正マフラーの音=モーターバイクみたい

騒音規制、排ガス規制をクリアする為か、純正マフラーはかなり大人しいです。マフラーを変えれば、かなりレーシーな音を奏でますので交換をオススメします。

と色々書きましたが、かなり愛着のある1台です。CBを悩まれてる方にはこのページが参考になれば幸いです。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク