サーキットクルージングを満喫!! 『Bike!Bike!Bike!2016』の参加レポート

2016年4月30日に開催された『Bike!Bike!Bike! 2016』。鈴鹿サーキット国際レーシングコースのフルコースを公道仕様のまま走行できるという鉄板イベントです。

今年こそは絶対行く!!!」はということで、しっかりスケジュールを押さえて行ってきましたw

当日朝7時から鈴鹿サーキットを目指して出発!
R302の清洲IC付近のコンビニでR君とT氏と合流してそのまま目的地の鈴鹿サーキットへ。

久々の再会でみんなのバイクを見ていたら、T氏のNinjaのマフラーがアクラポヴィッチに変更されてました。

カーボンマフラーはスポーティで、見た目もスッキリしてます!

GW前の混雑の影響もあって、到着予定時刻より30分遅れて10時過ぎに現地に着きました。サーキットクルージングをするための手順をまとめておきます!

まず、料金ゲートで受付をしてパドックへ移動

サーキットに入場してから、場内の案内に従って走っていくと料金ゲートがあります。

前売り券をあらかじめに買っておくのが絶対お得
(通常チケット:2,000円 前売りチケット:1,800円)

私の場合、天気予報をみて日程の天候を確認してから、前売りを1週間前に購入したというワザですwww

料金ゲート通過した後、すぐに受け取ったステッカーをミラーに貼り付けます。

パドック(駐車場)へバイクを停車して、走行前ミーティングを受ける

料金ゲートから、順路を進んでいくとものすごい数のバイクが停車しています。

ここまで集まっていると不思議とテンションが上がってしまう…(爆)

※料金ゲートで渡された案内用紙を、しっかり読んでから移動するのをオススメします。(パドックの位置を分からず、しばらく私たちは渋滞でそのまま埋もれてましたorz)

パドック(駐車場)はココ!

A1~3ならどこでも停車OKです。オススメはA3が料金ゲートから最も近く、しかも空いています!
パドックへバイクを停車した後、走行前ミーティング(ブリーフィング)を受けるためにコントロールセンターへ向かいます。

ミーティング(簡単なVTR)を終えると2枚目のステッカーをもらえます

このステッカー粘着力が弱すぎるので注意が必要です。ミラーにかけたコートのせいもあるけど、途風でめくれてすぐに外れそうです。風ですぐにどこかへ消えてましたw

これで準備完了です。
自分が走りたいタイミングでコースインチェックゲートの列に並びます。すぐにクルージングへ参加のためにそのまま並びました。

並んでいる途中に、昼のイベントで今年話題の市販車「Ninja H2R」と「RC213V-S」のデモ走行が始まりました。

さすがに最高峰のスポーツマシン、速すぎですwww
見学した位置がピットレーン脇のフェンスだったので、バイク通過時の風圧がスゴイ…

デモ走行が終わり、自分のバイクへ戻ろうピットレーンを歩いて移動していると目の前にセーフティーカ―がやって来ました!

サーキットの路面は、見た目よりキレイでなめらかです。

ようやく自分たちの走行順になりました。
スターティンググリッドで、走行開始の合図をで待っていると…

えっ!?マジですか??

レーサー(選手)たちと間近くで走れるというサプライズです!

一般枠の走行スピードは75km/hと注意事項には明記されています。
しかし、実際はカーブの立ち上がりからストレートにかけては100km/hを超えることもw

プロライダーは走りにかなり余裕があります。

国際サーキットを実際に自分で走ってみてといろいろ気づくこともあります。
バンク前後の高低差をはっきり実感することができました。

2周(1周5.807km)/セットを2セットとパレードランの1周で、計5周しました。

走行中にR君はタンクバックを駆使して、動画撮影してました!カメラで走行内容を撮影をすると、よりクルージングを楽しめそうです。

走行中にたくさん写真を撮ってくれたT氏には感謝です。
はじめてのサーキットを国際レーシングコースとして堪能できるイベントは最高でした。

また来年も、参加したいと思います!

カメラなどウェアラブルカメラを準備すると記録できて楽しみが増えそうです。
しっかり走りたい方は早起きしていくことをおすすめします!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク