愛知・三重・岐阜 注目! スーパー銭湯ベスト3

寒さも過ぎ、昼はだいぶ暖かくなりました。ようやく全開でツーリングへ出かけれる季節の到来です。
以前ぼーっと、テレビを観ていたら名古屋発の日帰り温泉特集がやってました。すべて12月にリニューアルしたので、まだまだきれいですね!
今行っておききたい温泉をランキングにしてみました。

第1位 こまき楽の湯(愛知県小牧市) 

 

内湯4 露天風呂7
露店風呂はすべてラドン温泉です。
入泉料 平日700円(大人)/300円(子供)
岩盤房利用料 平日600円(大人)/500円(子供)   

こまき楽の湯には全部で7種類岩盤房があります。注目は、日本初の岩盤房『汗熱房』。

壁すべてがスクリーンになり360°オリジナル映像がみられます。これだけでもすごいけど、さらに『自動ロウリュウ』があります。

ロウリュウとはサウナ石にアロマオイル等を含んだ水をかけ、発生した熱い水蒸気を体に浴びるものです。天井に設置された排水口から水が流れ落ち、映像と合わせて強風でサウナ状態になります。他にも、寝転んで天井にあるスクリーンを楽しむ『煌癒房』、熱くなった体を冷やす『クールルーム』にも映像の仕掛けがあります。オススメは高濃度酸素のリラックス効果とアロマの香りが楽しめる岩盤房『香楽房』ですね。

香楽房(左)とクールルーム(右)

第2位 湯の華アイランド(岐阜県可児市)

温泉&岩盤料金 平日1500円(大人)/800円(子供)
2013年11月26日に湯の華市場がOPENし、さらに2013年12月15日に湯の華食堂がOPENしました。知多半島かなの魚、飛騨牛、とれたて野菜などの産直市場と、テレビでもよく紹介されている食堂です。温泉施設の充実ぶりはもちろん、食堂のメニューの充実感がハンパないです。

その日の仕入れにより変わる海鮮丼1500円

新メニュー!飛騨牛100%カルビ丼1180円

地元のしらすはなかなか絶品みたいですよ!かなりお客さんの多い場所ですが、ズバリ狙い目は夕方(海鮮ものは19:00まで その他は20:00まで)食堂もお風呂も贅沢に満喫できそうです。

第3位 鈴鹿天然温泉 花しょうぶ(三重県鈴鹿市)

内湯5 露店風呂4 サウナ3 岩盤浴5
入館料 平日650円(大人)/300円(子供)
岩盤浴利用料 平日600円(大人)/300円(子供)
かなり充実した施設で、そもそもここは東海地方ではじめてロウリュウを導入したといわれています。人気の高濃度炭酸泉が増設されました。

リクライニングコーナーも新設されサウナにも特徴があります。通常の高温サウナ『熱気風炉』をはじめ、自然塩を塗るサウナ『熱塩風炉』、疲労回復・新陣代謝を促すスチームサウナ『漢方蒸気風炉』と全部で3種類あります。


(左:熱塩風炉と右:漢方蒸気風炉)
ちなみに岩盤房にあるクールルームは雪が降っていますw

三重県と言えば新たに炭酸風呂を増設した長嶋温泉 湯あみの島(三重県桑名市)があります。
長嶋温泉の入館料は2100円(大人)/1300円(子供)です。特徴的なのは、入館料で遊園地にも入れます。温泉の設備も多く内湯・露天風呂15、ジャグジー6です

暖かくなり、これからは出かけるのが楽しみです。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク